• ホーム
  • 海外の人よりもなぜ日本人のまつげが短いかチェックしてみよう

海外の人よりもなぜ日本人のまつげが短いかチェックしてみよう

日本人と比較して、海外の人のまつげは長いというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。確かに日本人のまつげは、欧米人などと比較すると短いという特徴があげられます。また短いだけではなく、欧米人よりも量が少なくカールもしていないのです。ここで問題になるのが、同じ人間なのにも関わらずなぜ違いが存在しているのかという点です。

海外の人よりも日本人のまつげが短い背景には、生活してきた環境が関係しています。そもそもまつげの役割というのは、目をダメージから守るというものです。生活環境において目を守るために関係してくるのが、紫外線やゴミなどのダメージになります。

例えば砂漠などの地域で生活している方々は、目に砂などが入りやすくなってしまいます。砂などが目に入らないようにするために、砂漠で暮らしている方々のまつげは長いケースが多いのです。また紫外線で目がダメージを受けてしまわないように、まつげが長くなった地域の方も見られます。ほかにも寒さや暑さなどのダメージから守るために、目元の毛が長くなっているケースもあるのです。ちなみに同じ日本であったとしても、比較的暑い沖縄の方はほかの地域と比較してまつげが長いという傾向も見られます。このように同じ人類だとしても、生活してきた環境によって毛の長さなどの点には違いが出ています。

まつ毛の長さに違いがあることから、日本では比較的多いマツエクのサロンなどは海外での需要は高くありません。もともとの毛の量が多くて長いからこそ、人工の毛を増やす必要はほとんどないのです。平均的なまつげの長さに日本人と欧米人の間で差があるのは、ある程度仕方がない部分もあります。しかし日本人であっても、育毛や生活習慣に気を付ける今よりも長いまつげを手に入れることは可能です。長くするためにはどのような方法があるのか把握して、自分に合ったやり方で伸ばせるようにしましょう。

実際に長くするために忘れてはいけないのが、1日や1週間などの短い期間で改善させるのは難しいという点です。マツエクなどを使うなら別ですが、育毛は数ヶ月単位で徐々に毛を伸ばしていくためのものです。長さの改善には時間がかかるという点を理解して、伸ばすために必要な対策を続けていきましょう。続けていくためには、自分に合ったやり方を選ぶことも大切です。自分に合った方法を選ぶからこそ、無理なく伸ばすための対策を続けていくことにつながります。